• HOME
  • パーソナルスタイリストの失敗しない選び方

パーソナルスタイリストの失敗しない選び方

当社のような個人向けのスタイリスト(パーソナルスタイリストと一般的に呼びます)のご利用を考えている皆様がまず初めに行うことは“スタイリスト選び”になろうかと思います。
下記の選び方の注意点をご参考の上、“スタイリスト選び”の指針にお役立て下さい。

必ず『ビフォーアフター』や『コーディネート事例』の実績から選びましょう!

コーディネート

当社のようなサービスを展開している企業・個人は首都圏で30~40社近くあり、副業や片手間で活動している方やSNSのみで活動を告知している方を含めると、その数はゆうに1000社(人)を超えております。

また、その殆どが小規模の人数もしくは個人で運営しており、資格制度が不要な現状から、プロとは呼べないレベルでサービスを提供している個人が非常に多くいるのもパーソナルスタイリストの現状です。


よって、サービス(スタイリング)の質は個人のセンスによるものが大きく、利用者とパーソナルスタイリストのスタイリングの相性や実績がとても重要な要素になってきます。
ゆえに、まずはスタイリングの相性が合うパーソナルスタイリストを探すことが極めて重要な作業と言えます。


しかし、相性とは申し込みの段階では未知数というのが利用者からの現実です。

医者にも、内科・耳鼻科・眼科・皮膚科等の専門医がいるように、プロのパーソナルスタイリストにも得意なスタイリング、好きなスタイリングというものが必ず存在します。


例えば、当社で言えば雑誌HERS・STORY・Marisol・Domani・VERY・CLASSY・Oggi・GINGER系の『上品で女性らしい』スタイリングを得意とする一方で、雑誌Zipper等に代表されるのストリート系ファッションや、雑誌リンネル等に代表される「ナチュラル系のファッション」は不得手にしております。
ご自身の望むスタイリングとパーソナルスタイリストの得意なスタイリングが一致した場合は、効果の高いスタイリングの成果が得られるでしょう。

 

では、その逆の場合はどうなるでしょうか・・・
利用者が望むスタイリングではないミスマッチが起こる(=相性が合わない=サービスの満足度が低い)結果になります。
これは、通常ショッピング同行の前におこなう『カウンセリング及び打ち合わせ』を入念にしたとしても、パーソナルスタイリストが理解しえないスタイリングを提案・提供するのは極めて難しいと言えるでしょう。
すなわち、ミスマッチ解消の本策とは言えません。

 

では、どうしたらそのミスマッチを防げるか・・・
スタイリストの選定の段階で、必ず『ビフォーアフター』や『コーディネート事例』の掲載実績を数社比べてみることをお勧めします。
そこから、「利用者の年齢層」や「女性が得意なのか、男性が得意なのか」「コンサバが得意なのか、カジュアルが得意なのか」等が見えてくるはずです。
その中で、ご自身の理解し得る、理想のスタイリング実績があるパーソナルスタイリストを選ぶことがミスマッチ解消の本策になり、利用者の満足度を高める結果となるでしょう。

『ビフォーアフター』や『コーディネート事例』の実績が貧弱なパーソナルスタイリストへの依頼は注意が必要!

『ビフォーアフター』や『スタイリング事例』の実績が貧弱なパーソナルスタイリストへの依頼は、冒頭でお伝えしたとおり、スタイリングのミスマッチが生まれるリスクが非常に高いので注意が必要です。

なぜなら、利用者がパーソナルスタイリストの得意なスタイリング、好きなスタイリングを視覚的に判断出来ないからです。


例えるなら、〇〇科と掲げていない病院を受診するのと同じと言えるでしょう。

ここで言う『ビフォーアフター』の実績とはお客様の顔が出ていることが前提になります。
『ビフォーアフター』の実績が多いと言うことは、それだけ多くのお客様に支持されている証でもあります。

何故なら当社の経験上、この『ビフォーアフター』の写真は、50人の利用者のうち、1人ないし2人程度しか写真掲載の承諾が得られないからです。

ゆえに、顔が切られている『ビフォーアフター』の実績では信ぴょう性に欠けると言わざるを得ません。
そう考えると、『ビフォーアフター』の実績で、10人掲載があれば過去に500人位利用したことがあると考えられます。
裏返せば『ビフォーアフター』の実績が少ないパーソナルスタイリストは、お客様からの支持が少ない(満足度が低い)裏返しとも言えるでしょう。

サービスの料金体系を確認しましょう!

パーソナルスタイリストのサービス提供価格は、一般的に1時間/¥7,000~¥20,000が相場となっており、提供しているサービスのメニューにそれほどの違いはありません。
異なるのは、料金体系です。


具体的には、『単品メニューでの提供』か『セットメニューでの提供』の2つに区分されます。

『単品メニューでの提供』は、気軽に利用できリピート利用をしやすい反面、組み合わせ次第でセットメニューより料金が割高になる傾向があります。

一方で、『セットメニューでの提供』は、一回の利用料金は高くなりますがサービス内容に対してのお得感があります。反面、料金的にリピート利用がしづらい側面もあります。

また、サービス料金を購入代金に対してのパーセント(10%~15%が一般的)で提供している会社もあり、こちらは、サービスの特性上パーソナルスタイリストとしての中立なアドバイスが出来ない&10万円以下の予算は受け付けてくれない側面があるので注意が必要です。

 

このように今後の利用頻度も踏まえて選ぶと良いでしょう。

サービスのお申し込み

コーディネート check

コーディネートアドバイス

金川文夫BLOG

メディア

演/スタイリング実績

MEDIA

ワールドビジネスサテライト

テレビ東京系・ビジネス番組

もや語大辞典

フジテレビ系・バラエティ番組

Kテレ

日経CNBC・ビジネス番組

classy

光文社発行・女性ファッション誌

Gainer

光文社発行・男性ファッション誌

プレス発表会

ドクターシーラボ

・ゴールデンリフトアワード

shufooPRイベント

shufoo・PRイベント

当社パーソナルスタイリスト

出演・掲載・スタイリング担当

more